バターとにんにくで じゃがいものローズマリーロースト、と残り物ごはん

 

nikeです。

まだ5月なのに、毎日暑いですね~

 

スポンサーリンク

 

残業で、毎日帰りが遅いです。

家に帰ってから、ごはんを作る氣力は…あまりない。

でも、お腹はすくんです。

おなかすいたー。

こんなときは、材料も、準備も、手順も、楽ちんの簡単ごはんでビールを飲もう♪

買い置きしていた小さなじゃがいもとフレッシュなローズマリーをストウブで蒸し焼きにして、冷蔵庫の中にある残り物と一緒にごはんです。

 

材料

小さいじゃがいも 5~6個
にんにく 1片
バター 大さじ3
塩 適量
粗びき黒こしょう 適量
ローズマリー 1枝

 

スポンサーリンク

 

作り方

1.じゃがいもは皮つきのままよく洗い、にんにくはつぶしておきます。

 

2.鍋(ストウブラウンド14cm)にバター大さじ1を入れて火にかけます
バターが溶けたら、にんにくとじゃがいもを入れて、表面を焼き付けます。

 

3.水 50ml、塩少々、ローズマリーを加え、ふたをして弱火で10分ほど加熱します。

 

4.じゃがいもが柔らかくなったら、残りのバターを散らし、塩と粗びき黒こしょうをふったら、できあがりです。

 

ふたを開けると、バターとローズマリーのいい香りがキッチンに広がります。

食欲をそそる香りです( *´艸`)

 

冷蔵庫に残っていた、しおれぎみのベビーリーフ、常備菜のキャロットラペ、豚の生姜焼きです。

ティーマプレート23cmに冷蔵庫の残り物と、プレートの空いた部分にじゃがいものローズマリーローストをのせて、いただきます。

 

じゃがいもとローズマリーは、とてもおいしい組み合わせです。

いつもはオリーブオイルで蒸し焼きにしていたのですが、バターだと、コクが増して、さらにおいしいです。

オリーブオイルならワインかなって思いますが、バターを使ったので、ワインだけじゃなく、ビールにもよく合います~♪

包丁を使うことがないので、それだけでも片づけの負担が減って、楽でしたー(*^^)v

 

今日も最後までお読みいただき、 どうもありがとうございました。

 

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る